未分類

話題の清澄白河で一人でも入りやすいおしゃれカフェ 女子会にもおすすめ

おしゃれな街と最近話題の清澄白河。

カフェや雑貨店、ギャラリーなど雰囲気もおしゃれなショップが多いので、カップルやファミリーのお出かけにお勧めですが、おひとり様でも立ち寄りやすいお店も沢山あります。

今回は一人でも入店しやすい清澄白河のカフェをご紹介します。

清澄白河とは

清澄白河とは、東京都江東区にある街で、半蔵門線と大江戸線が通るアクセス抜群の場所に位置しています。

清澄庭園や深川江戸資料館など歴史ある建造物が立ち並ぶ一方で、現代美術館が出来たことを筆頭に古い建物をリノベーションして作られたショップやカフェが増えてきており、歴史とモダンが融合した注目の街になりつつあります。

どんなカフェがあるの?


そんな魅力的な清澄白河にはどんなカフェがあるのかご存知ですか?カフェ激戦区として清澄白河が有名になったきっかけとして挙げられるのが、日本一号店のブルーボトルコーヒーが出来たことです。

ブルーボトルコーヒーとは、アメリカサンフランシスコ発祥のコーヒーショップで、注文が入ってから一つ一つドリップして提供する日本の喫茶店のような特徴があり、アメリカでは大人気のコーヒーショップだそうです。

そんなブルーボトルコーヒーを皮切りに、コーヒーショップが増え始めた清澄白河。隅田川沿いにある街だからこそ、煙突を設置し、コーヒー豆を焙煎しやすいという点も増えた理由として大きいそうです。現在は「コーヒーの街」とも呼ばれるそうですが、コーヒー好きだけでなく、「コーヒーはあまり飲まない」という方にもおすすめの、ふらっと入りやすいカフェに注目して、今回はご紹介したいと思います。

 

Portmans Café (ポートマンズカフェ)

清澄白河駅から大通りの清洲橋通りを、清洲橋方面に歩いていくと交差点にあるカフェ。駅から徒歩5分の場所にあります。店内はアンティークな家具で統一され、席の周りはアンティーク雑貨で埋め尽くされている雰囲気のあるお店です。

入り口付近に小さい席が並んでいるので、おひとり様でも居心地がよく、テーブルの感覚も広めなのでゆったりと座って食事を楽しむことが出来ます。

静かな店内で読書をしながらゆっくり過ごすのもおすすめです。

人気でおすすめのカフェメニューは「スコーン」

外はパリッ、中はフワッとした生地でボリュームのあるスコーンは二つセットで食べ応えがあり、生クリームとベリーソースを絡めても美味しいです。かなり満腹感があるサイズ感です。

こちらのスコーンに紅茶をセットで頼むのがお店のおすすめなので、初めて行かれる際はぜひこちらを試してみてください。

アクセス

〒135-0024 東京都江東区清澄2丁目9-14ダイヤパレス清澄公園

営業時間 火~金 11時~19時

土   10時~19時

日・月 定休日

Fukadaso Café (フカダソウカフェ)

清澄白河駅から徒歩5分。清澄庭園からほど近い場所にフカダソウカフェはあります。

外観は一見倉庫のようですが、実はもともと倉庫兼アパートだった建物をリノベーションした建物なのです。カフェや雑貨屋さんが入った複合施設になっており、アパートの名残を表現するようそれぞれのお店が101号室、202号室のように号室で分けられています。

こちらの一階101号室にカフェがあります。天井が広く開放的な店内には、アンティーク家具が並び、一つ一つのテーブルも特徴的でおしゃれな空間。SNS映えする店内ですが、平日の昼間はサラリーマンも休憩しに来店していました。ドリンクやケーキなどカフェメニューが充実しており、ドリンク一杯で長居出来ます。優しい店員さんが迎えてくれるアットホームなカフェなので、おひとり様でも安心して来店してみてください。

 

アクセス

〒135-0023 東京都江東区平野1丁目9-7 Fukadaso101号室

営業時間 月・木・土・日 13時~18時

金       13時~21時30分(LO 21時)

火・水     定休日

Brigela (ブリジェラ)

駅から徒歩3分とアクセス抜群の場所にある、イタリアのシチリア地方発祥のジェラートのお店「ブリジェラ」。

水の代わりに牛乳を加え、バターと卵をたっぷり使った口当たりの軽い発酵パンの一種「ブリオッシュ」に「ジェラート」を挟んだ「ブリオッシュ・コン・ジェラート」が名物で、日本初上陸店がこちらの清澄白河店です。オープン当初は雑誌やニュースで話題になり、3時間待ちの列を作ったそうです。

温かいブリオッシュに冷たいジェラートを挟んだ、癖になる絶品の味です。ジェラートの種類は、定番フレーバーが10種類、季節の果物フレーバーが6種類と豊富なので、選ぶのにも迷ってしまいます。

店内は2名掛けのテーブルがいくつかあるこじんまりした雰囲気。おひとり様にはもちろん、テイクアウトして食べ歩きしながら清澄白河を散策するのもおすすめです。

アクセス

〒135-0022 東京都江東区三好2-1-6 ゴッドヴィレ1階

営業時間 月~日 10時30分~19時30分

不定休

まとめ

いかがでしたか?今回紹介した3店舗以外にも、コーヒーショップはもちろん一人で立ち寄ってみたいカフェが沢山ある魅力的な清澄白河。今度の休みにぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です