インテリア・家電,  ライフスタイル

インテリアに欠かせないLEDキャンドルを比べてみた IKEA、ニトリどう違う?

近年、一人暮らしでも、部屋のインテリアにこだわったり、おしゃれなカフェ風の空間にあこがれたり、プライベートの空間にこだわりを持つ方が増えています。自分好みのおしゃれでセンスあふれた空間はリラックスでき居心地の良いひと時を過ごせます。そこで今回は、おしゃれなインテリアアイテムに欠かせないLEDキャンドルを調査しました。人気のインテリアブランド「IKEA」と「ニトリ」からそれぞれのLEDキャンドルを比べてみました。手軽でおしゃれなLEDキャンドルの世界を見てみましょう。

LEDキャンドルとは?

LEDキャンドルとは数年前からおしゃれな雑貨屋さんやアパレル店などで見かけるようになり、比較的安価で安全性が高いことから空間の演出に多くの店で取り入れられるようになりました。キャンドルは演出には欠かせないけど、実際に火をつけるのは危険。そんな悩みを解消してくれたのがLEDキャンドルです。ほのかなやさしい色のLEDが火のように光ります。近年では、ライトがゆらゆら揺れて見えるものなど本物に程近いような高級なLEDキャンドルも出てきています。

「IKEA」と「ニトリ」のLEDキャンドル

安くておしゃれなインテリアブランド「IKEA」や「ニトリ」からもLEDキャンドルが出ています。そこで今回はこの2メーカーののキャンドルを比べてみます。これからLEDキャンドルを買ってみようかなという方は参考にしてみてください。

IKEA (イケア)

イケアのキャンドルライトこんな感じ。見た目はよくあるキャンドルですが、どてら化というとツルっとしていてプラスチックのような感じが少しあります。安定感があり、しかっりとした作りなのも伺えます。また、高さの異なる3つのキャンドルがセットでお得です。

ニトリ (NITORI)

こちらがニトリのキャンドル。イケアの物に比べ、キャンドルの質感をより細かく再現している感じがします。一本売りで、高さもイケアの物と同じくらいで焼く15cmほど。

比べてみた

(右ニトリ、左イケア)

両者、比べてみると違いが分かります。ニトリのほうがキャンドルぽい感じが出ています。大きさはほぼ同じ。上部は波打った形状で溶けたキャンドル風になっています。上から見るとキャンドルのくぼみ部分の厚みが変わっていることが分かります。これは中のライトが光ったときにどんな違いが出るのか楽しみです。

点灯してみた

光り方が全く違いました。ニトリは温かみのあるオレンジ色。一方イケアは白っぽい明るめな色合い。まさに北欧テイストなインテリアにはよく合いそうです。また、ニトリのライトは上記で紹介したようにくぼみ部分が薄いので光がよく透けている印象です。個人的には、イケアの光のほうがどんな部屋にも合いそうな気がします。

同じ色のキャンドルをたくさん並べるより、異なった2色を並べてもおしゃれそうだな・・・と思いつつ並べてみました。

ほんのり色合いがちがうほうがおしゃれに見える気がします。ちなみに、左のキャンドルスタンドはニトリの物。LEDキャンドルを置くだけでなんだかぐんと部屋がおしゃれになりました。とても簡単なインテリアアイテムなのでみなさんもぜひ活用してみて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です