インテリア・家電,  ライフスタイル

ワイヤレスイヤホンおすすめを紹介! EARIN M-2 買ってみました

皆さんこんにちは!

taaaaazです。

最近街でも良く見かけますよね。

「ワイヤレスイヤホン」

イヤホンのコードって地味に邪魔ですし、絡まってしまったり、満員電車で引っかかったりとストレスの多いものでもあります。僕もこのような悩みがあったのですが、ワイヤレスイヤホンに変えてからまるで世界が変わったよう!わずらわしさが全くなくなり、とてもスマートで気に入っています。今回はそんなワイヤレスイヤホンを紹介します。僕が購入した、EARIN M-2と共に購入を迷ったおすすめも紹介していきます!

EARIN M-2とは?

f:id:taaaaaz:20180806161003j:plain

超軽量、超小型で一世を風靡した、EARIN M-1の新モデル。Semiconductors社が開発したMiGLOテクノロジーを採用し、小型を、追求しつつ、長バッテリー、高音質、高性能なワイヤレス性を実現したモデル。個人的には近未来な筒状のケースに入ったデザインが気に入って居ます。一見イヤホンだとは思わないデザインと小ささです。

 

旧モデルとの違い

ここで重要なのは、旧モデルであるM-1とどのように変わったかです。変わったというより、基本的な部分は同じで、新たに3つ機能が追加されました。下記で紹介します。

出典 http://www.modernity.jp/brand/earin/m-2/

①ノイズリダクション付き通話機能

耳穴にフィットする形状かつ、高性能なノイズをカットを実現し増した。自動で周辺ノイズの調節をしてくれるので、電話の際もよりクリアで聞き取りやすい会話ができます。

②トランスパレンシー

各イヤピースにマイクを2個搭載し、外の音を拾えるので、コンビニのレジなどでは相手の声を広い、会話をしやすく調節ができる。これが個人的にはすごくて驚きました。レジでいちいちイヤホンをはずすという煩わしさもなくなります。

③タッチインターフェース搭載

イヤホンをタッチするだけで、着信の応答 、音楽の Play/Pause、選曲(前の曲、次の曲)、デジタルアシスタント機能の対応ができるハイテク機能。スマホの画面のような感じで押したりにの操作がいりません。

④Migloテクノロジー採用で左右の遅延が減少

Migloテクノロジーを採用したことで従来よりも長時間のバッテリーと音の遅延を実現。これにより動画などもよりスムーズに声が聞こえてきます。

※無料アプリを使えばより快適に使用できます!

音質はやっぱり重要

 

まず装着間がいいので音がダイレクトに届く感じがします。さらに音遅れも気にならないのでかなり快適に音楽を楽しめます。ワイヤレス特有の音の篭りもそこまで気にならず、低音も出ているので結構いい感じかと思います!どうしてもワイヤレスは音が悪いイメージが選考しますが、このタイプはかなり良く音が出ています。

見た目おしゃれは購入の決め手

見た目も重要という方にはかなりおすすめ。もはやイヤホンに見えないパッケージです。また、イヤホン自体も耳に入れると耳から飛び出さないので装着感がまるでない。旧モデルよりさらにコンパクトになったのポケットにいれても違和感ゼロ。また、ブラックの色味も、高級感のあるデザインです。

 EARIN M-2

人気のワイヤレスイヤホン

Apple AirPods

人気のApple製品。ワイヤレスイヤホンの火付け役ともいえるイヤホンです。

Bose(ボーズ)SoundSport Free wireless headphones

確かな音質で人気のボーズが出すワイヤレス。ワイヤレスを感じさせない音質が特徴。

SONY 完全ワイヤレスイヤホン

根強い人気のSONY製。日本ブランドの確かな技術です。

Beats by Dr.Dre

デザインの人気も高いビーツ。スポーツでも使えるワイヤレスタイプです。

まとめ

いかがでしたか?ワイヤレスイヤホンは一度つかったらもうやめられないほど便利です。コードの煩わしさがなく、音楽の世界に浸れます。最近ではさらに高性能でお洒落なものも増えています。また、音楽を聴くだけにとどまらず、仕事や、スポーツでも大活躍するでしょう。ぜひ皆さんの生活にもワイヤレスイヤホンを取り入れてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です